「2050北海道ビジョン~『課題解決先進地域』のフロントランナーを目指して~」の公表について

 北海道経済連合会では、「Society5.0 北海道モデル」の検討を目的に、2020年7月に「Society5.0 ワーキンググループ」を設置し、そこでの議論をもとに、今般、「2050北海道ビジョン~『課題解決先進地域』のフロントランナーを目指して~」をとりまとめ、公表いたしました。

 このビジョンは、21世紀後半への転換点である2050年を目標年として定め、望ましい北海道の姿を「ありたい未来」としてイメージし、そこに向かって我々は何を為すべきか、今後の活動の方向性をとりまとめたものです。

 このビジョンには、北海道が抱える諸課題を解決するとともに、SDGs(持続可能な開発目標)の達成を通じてグローバルな課題解決にも貢献し、北海道の価値と魅力が最大限引き出されている地域社会と経済を、官民挙げたオール北海道で創造していく、という我々の思いを込めました。

 なお、「2050北海道ビジョン」(本編)に加え、「概要版」、「解説書」を公表させていただきますので、あわせてご覧ください。

2021年6月29日

2050北海道ビジョン~『課題解決先進地域』のフロントランナーを目指して~
【本編】
 (PDF 6.74MB) 


2050北海道ビジョン~『課題解決先進地域』のフロントランナーを目指して~
【概要版】
 (PDF 1.58MB) 


2050北海道ビジョン~『課題解決先進地域』のフロントランナーを目指して~
【解説書】①(はじめに/目次/2050北海道ビジョンの検討経過/第1章)
 (PDF 3.54MB)

2050北海道ビジョン~『課題解決先進地域』のフロントランナーを目指して~
【解説書】②(第2章)
 (PDF 8.11MB)

2050北海道ビジョン~『課題解決先進地域』のフロントランナーを目指して~
【解説書】③(第3章/別表)
 (PDF 4.04MB)


 

道経連のお知らせ(一覧)はこちら