2021年12月24

令和4年度予算案に関する道経連会長コメント


北海道経済連合会
会長 真弓 明彦

 

令和4年度予算案が閣議決定され、先に成立した令和3年度補正予算とあわせた「切れ目のない財政政策」として、143.5兆円規模の「16か月予算」が示されたが、新型コロナウイルス感染症対策に万全を期しつつ、岸田政権が掲げる「成長と分配の好循環による新しい資本主義」の実現に向けた強い決意が表されたものと高く評価している。

特にデジタル田園都市国家構想の関連予算や脱炭素に意欲的に取り組む自治体を支援する交付金をはじめとする、「デジタル&グリーン」分野の成長戦略については、北海道経済の活性化に向けた大きなチャンスと受け止めている。

また、北海道開発予算については前年度と同規模の 5,702億円が計上されたほか、財政投融資等の財源を加えた北海道の空港整備勘定の予算額は前年度比1.44倍の175億円が計上されており、北海道の「食と観光」を支える、防災・減災・国土強靭化の推進や交通・航空ネットワークの充実が一層図られることが期待される。

政府・与党に対しては、次期通常国会において、予算の早期成立を図っていただくことを切に望む。

当会としても、北海道がコロナ禍のダメージを乗り越え、人口減少・少子高齢化等に起因する諸課題を解決し、将来に亘り持続的な発展を遂げるため、デジタルトランスフォーメーションとゼロカーボン北海道、それらを担う人材の育成、さらには「食と観光」を支える物流・交通ネットワークの整備等を推し進めていく。 

以 上

  


 

道経連のお知らせ(一覧)はこちら