「2021物流プロジェクトチーム報告書~北海道および全国各地の食産業を支える物流の課題整理と対策の検討~」の公表について

 
 輸送ネットワークの在り方は「歴史的必然性に基づいて、長い年月をかけて構築されてきた姿」である。一方で、輸送ネットワークの「姿」を急激に変えうる重大な課題が出現している。
 当会では、これらの課題が「北海道および全国各地の食産業を支える輸送ネットワーク」に与える影響を整理し、対策を検討することを目的として、北海商科大学相浦教授を座長にお迎えし、関係団体から委員、オブザーバーとしてお招きし、「2021物流プロジェクトチーム」を立ち上げ調査・検討を進めてまいりました。
 このたび、本プロジェクトチームの報告書がまとまりましたので、本編と概要版を公表させていただきます。 

■報告書
 ・「2021物流プロジェクトチーム報告書~北海道および全国各地の食産業を支える物流の課題整理と対策の検討~」【本編】 (PDF 5.59MB) 

 ・「2021物流プロジェクトチーム報告書~北海道および全国各地の食産業を支える物流の課題整理と対策の検討~」【概要版】 (PDF 0.65MB) 

  
<本件に関するお問い合わせ先>
 地域政策グループ 柴山 TEL:(011)221-6115


 

道経連のお知らせ(一覧)はこちら