2022年7月11

参議院議員通常選挙結果に関する道経連会長コメント


北海道経済連合会
会長 真弓 明彦

 

北海道において自民党2議席、公明党1議席を確保し、また、全国でも与党が過半数の議席を獲得し、安定した政権運営が継続されることとなった。この選挙結果を大いに歓迎する。

道内経済は、コロナ禍の長期化に加えて、ロシアのウクライナ侵略などの影響を受け、基幹産業の「観光」「食」を中心に幅広い業種でダメージを受け続け、大変傷んだ状況にある。引き続き安定した政治基盤の下で、事業継続や雇用維持に向けた切れ目のない対策や、道内経済の早期回復に向けた施策の展開をお願いしたい。

また、ポストコロナに向けては、ゼロカーボン北海道、スマート農林水産業をはじめとするDX推進、地方創生など、持続可能な北海道の実現に資する、大胆な政策を着実に推し進めていただきたい。

加えて、食とエネルギーの安全保障が改めてクローズアップされている中、北海道の持つポテンシャルを大いに活かし、自給率向上に貢献できるよう、強い政策の打ち出しを期待している。

経済界としても、政府・与党、北海道、市町村などと連携し、道内経済の早期回復はもとより、北海道の明るい未来の構築に向けて、自らの役割をしっかりと果たしていきたい。

 

以 上

  

  


 

道経連のお知らせ(一覧)はこちら