2022年12月23

令和5年度予算案に関する道経連会長コメント


北海道経済連合会
会長 真弓 明彦

令和5年度予算案が閣議決定され、114.3兆円と過去最大の予算が示されたが、経済の再生を最優先に、岸田政権が掲げる「成長と分配の好循環」を強力に推進するものと評価する。

特に、人への投資や、科学技術・イノベーション、DX、GX等の成長分野への投資についての予算が重点配分されたことは、北海道経済の持続的発展を一層加速するものと受け止めている。

また、北海道開発予算については前年度と同程度の5,705億円が確保されており、食料安全保障の強化や観光振興の推進とそれを支える物流・交通ネットワークの整備、ゼロカーボン北海道の実現、防災・減災・国土強靭化の推進が一層図られることが期待される。

政府・与党に対しては、次期通常国会において、予算の早期成立を図っていただくことを切に望む。

当会としても、コロナ禍・ウクライナ情勢等で多大な影響を受けた北海道経済の回復・活性化に取り組むとともに、成長分野への投資を北海道に呼び込みながら、ゼロカーボン北海道、北海道の稼ぐ力の「観光」と「食」の需要回復、それらを担う人材の育成・確保、さらには社会資本整備等に取り組んでいく。   

以 上

  

  


 

道経連のお知らせ(一覧)はこちら