2022年度 北海道の施策および予算に関する要望活動について

 

 北海道経済連合会では、11月24日から12月2日にかけて、道および道議会与党に対して、2022年度の北海道の施策および予算に関する要望を実施しました。うち、12月2日には、真弓会長より鈴木直道北海道知事に対して要望書を手交しています。

 今回の要望は、「新型コロナウイルス感染症による影響」が長期化する中、2021年6月に公表した「2050北海道ビジョン」で示した目標や取り組み項目を念頭に、「デジタル化の加速」「集中から分散の流れ」「脱炭素」といった足元のパラダイムシフトをチャンスととらえ、会員アンケートなどで把握した産業現場の声を元にとりまとめたものです。

 要望内容は0~6の7つの大項目に整理され、全部で115の項目、そのうち新規項目は36項目となっております。

 要望書:2022年度 北海道の施策および予算に関する要望(PDF679KB) 

 

 

         「鈴木知事へ要望書を提出」