『今夏における節電対策のお願いと夏季の省エネルギー対策について」

2015年度夏季の電力需給は、最低限必要な予備率 3%以上を確保できる見通しですが、北海道は本州との電力融通に制約があり、また現在、火力発電所がフル稼働しており、計画外停止リスクが高まっております。万が一、需給逼迫という事態になれば産業への影響はもとより、住民生活にも多大な影響は避けられない状況にあることから、政府、北海道及び北海道電力(株)より、下記内容の節電要請がされております。
会員各位におかれましては、これまで同様、それぞれのお立場で無理のない範囲で自主的な節電対策を講じていただくとともに、各ご家庭内での節電対策につきましても、従業員さまを通じて呼びかけていただくなどのご対応をいただきますよう、よろしくお願いいたします。

○節電をお願いする期間・時間
 2015年7月1日(水)から2015年9月30日(水)までの平日9:00から20:00
(8月13日及び8月14日を除く)
※省エネキャンペーン期間は6月から9月まで

あわせまして、経済産業省 資源エネルギー庁から「夏季の省エネルギー対策」「夏季の節電メニュー」について通知がありましたので、お知らせいたします。

○夏季の省エネルギー対策について
・夏季の省エネルギー対策について[省エネルギー・省資源対策推進会議省庁連絡会議決定]
・2015年度夏季の電力需給対策について[電力需給に関する検討会合]
・夏季の節電メニュー(事業者の皆様)北海道電力管内[経済産業省]
・夏季の節電メニュー(ご家庭の皆様)北海道電力管内[経済産業省]

 

 


 

道経連のお知らせ(一覧)はこちら