今冬における節電対応のお願いと冬季の省エネルギー対策について

 2015年度冬季の電力需給は、厳寒となるリスクや直近の経済成長の伸び、企業や家庭における節電の定着などを織り込んだ上で、電力の安定供給に最低限必要な予備率3%以上を確保できる見通しですが、北海道については他電力からの電力融通に制約があること、発電所一機のトラブル停止が予備率に与える影響が大きいこと、厳寒であるため万一の電力需給のひっ迫が国民の生命・安全を脅かす可能性があることなどの北海道の特殊性を踏まえ、リスクへの特段の備えが必要であることから、政府、北海道より、下記内容の節電要請がされております。 会員各位におかれましては、これまで同様、それぞれのお立場で無理のない範囲で自主的な節電対策を講じていただくとともに、各ご家庭内での節電対策につきましても、従業員さまを通じて呼びかけていただくなどのご対応をいただきますよう、よろしくお願いいたします。

節電をお願いする期間・時間
  • 2015年12月1日(火)から2016年3月31日(木)までの平日 8時から21時
    (12月29日から31日までを除く)

 

 あわせまして、経済産業省 資源エネルギー庁から、別添のとおり「冬季の省エネルギー対策」「冬季の節電メニュー」について通知がありましたので、お知らせいたします。

冬季の省エネルギー対策について
  • 冬季の省エネルギー対策について(省エネルギー・資源対策推進会議決定) 
  • 2015年度冬季の電力需給対策について(電力需給に関する検討会合) 
  • 冬季の節電メニュー(事業者の皆様) 北海道電力管内  
  • 冬季の節電メニュー(ご家庭の皆様) 北海道電力管内
  •  

     


     

     

    道経連のお知らせ(一覧)はこちら