第19回 三経連経済懇談会を開催

 平成26年9月11日から12日にかけ、仙台市の「ホテル佐勘」ほかにおきまして、「第19回 三経連経済懇談会」が開催され、当会からも大内会長以下15名が参加しました。
 この三経連経済懇談会は、(一社)東北経済連合会(高橋 宏明 会長)および北陸経済連合会(永原 功 会長)と当会(大内 全 会長)が、地域経済の自立・発展に向け、相互の連携と協調を深める目的で、平成8年より毎年定期的に開催しているものです。
 9月11日に開催された経済懇談会では、基本テーマ「これからの地方創生を目指して」のもと、「地域の魅力創出への取り組み」、「地域の強みを活かした産業振興」という2つの個別テーマについて、活発な意見交換が行われました。
 また、翌日の視察会では、みやぎ復興パークの「制御研究組合制御システムセキュリティセンター」および「東北大学次世代移動体システム研究会」において行われている最先端の研究開発状況を、また「トヨタ自動車東日本」において世界一のコンパクトカーを製造しているものづくりの現場を見学しました。

 同懇談会の詳細については、「道経連会報2014年11・12月号」(11月下旬発行予定)に掲載いたします。 

第19回 三経連経済懇談会

第19回 三経連経済懇談会の様子 

 

 


トピックス(一覧)はこちら