道内卸売市場の在り方と今後の方向性に関する調査報告書

 
 人口減少が進むなか、北海道経済の持続的発展のためには、各地域において「生活できる環境」を維持することが不可欠であります。当会では、エネルギーや交通のほか「食料供給」の維持も必要な要素であるとの考えから、食料の安定供給を行う基幹的社会インフラとしての役割を果たしている「卸売市場」を対象に調査・研究を進めて参りました。
 このたび、道内外の卸売市場について、関係者や有識者等へ実施したヒアリング調査や各種データを基に、現状や取り巻く環境・課題を整理し、今後の方向性等について提言する調査報告書を取り纏めました。

 

 ■調査報告書
   題名:『道内卸売市場の在り方と今後の方向性について』

 


 


トピックス(一覧)はこちら