日本経済団体連合会と「地域経済活性化に向けた連携協定」を締結

 北海道経済連合会 産業振興委員会と日本経済団体連合会 地域経済活性化委員会は、以下の項目を中心とした連携協定を締結し、北海道経済の活性化を目指していきます。

1.北海道地域企業・大学とのマッチング等の推進
  北海道地域企業・大学の競争力強化を図るとともに起業を促進し、新たな 産業・イノベーション
   の創出につなげていく。
  具体的には、
  (1) 道経連の会員企業・大学等が有する製品・技術・サービスの経団連会員企業等への
      紹介・仲介の実施
    (2) 観光・農林水産業など地域資源を活用したプロジェクトの創出や、異業種間連携、
           その他共同研究のパートナー探し
  等を推進する。
      また、ワークショップといった交流会の共同開催等を通じて、本活動を幅広く周知する。

2.イノベーションの創出に向けた地方版規制改革の着実な進展
  イノベーションの創出を促進し、地域経済の一層の成長・発展を図るため、各種施策・
   規制改革等に関して適宜情報交換を行い、政府関係機関等に働きかける。

 

経済懇談会の様子

連携協定を締結した日本経済団体連合会 地域経済活性化委員会 古賀委員長(左)
     北海道経済連合会 産業振興委員会 田中委員長(右)

 

 <本件にかかるお問合せ先> 北海道経済連合会 産業振興グループ ☎011-221-6116

 


 

トピックス(一覧)はこちら