「北海道フード・コンプレックス国際戦略総合特区」を申請しました

 去る9月30日(金)、北海道・札幌市・江別市・函館市・帯広市・十勝管内18町村および当会は、総合特別区域法が定める「国際戦略総合特別区域」に「北海道フード・コンプレックス国際戦略総合特区」の指定申請を行いました。

北海道フード・コンプレックス国際戦略総合特区の概要

●目的

 EU・北米経済圏と同規模の成長が見込まれる東アジアにおいて、「北海道」をオランダのフードバレーに匹敵する食の研究開発拠点とする。

●事業の内容

 農水産物の生産体制を強化するとともに、食に関する研究開発・製品化支援機能を集積・拡充し、これを活用して本道の豊富な農水産資源および加工品の安全性と付加価値の向上、市場ニーズに対応した商品開発の促進と普及拡大を図る。

 

詳細はこちらをご覧ください。   「北海道フード・コンプレックス国際戦略総合特区 指定申請(概要)」(897KB)

 

本件に関するお問合せ先

北海道経済連合会 企画総務グループ 平池・江端

TEL:011-221-6166


トピックス(一覧)はこちら