買い物困難者への取り組みにおける道内の現状と今後の在り方 調査報告書について

 人口減少が進むなか北海道経済の持続的発展のためには、各地域において「生活できる環境」を維持することが不可欠であり、エネルギーや交通のほか「食料供給」の維持も必要な要素であるとの考えから、「買い物困難者」の問題について調査・研究を進めて参りました。

 調査報告書では、道内の買い物困難者に関わる各種データや、道内外の関係者へのヒアリング等を通じて、現状や課題を整理し、今後の取り組みの在り方を考察しております。

■調査報告書
  題目:買い物困難者への取り組みにおける道内の現状と今後の在り方 (PDF 2.43MB) 
  添付資料①:買い物困難者に関する道内自治体アンケート調査 集計結果 (PDF 8.13MB) 
  添付資料②-1:買い物困難者問題解決に向けたWEBセミナー講演録P1-20 (PDF 4.88MB) 
  添付資料②-2:買い物困難者問題解決に向けたWEBセミナー講演録P21-39 (PDF 6.57MB) 
  添付資料②-3:買い物困難者問題解決に向けたWEBセミナー講演録P40-50 (PDF 3.73MB) 
  添付資料②-4:買い物困難者問題解決に向けたWEBセミナー講演録P51-68 (PDF 8.31MB) 

 2021年11月29日


 

道経連のお知らせ(一覧)はこちら